ヒューストンにて、プライオリティカードを使った海外のラウンジはお酒も普通に飲める

アタカマ砂漠マラソンのため、今、ヒューストンにいます。

正確には、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港です。

飛行機にゆられ、10時間と少し。日本から、ヒューストンへ。

そして、次の飛行機を待つために、空港に10時間。。。

今、その間に書いてます。正直、スタート前なのに、疲れました。

さて、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港には、プライオリティパスが使える場所が一つあります。

AIR FRANCEのラウンジです。

ターミナルD、12番ゲート前にあります。

ただ、時間が短く、12:00〜17:00まで。

最長で使えるのは、3時間だそうです。

ビールも飲めて、サンドイッチなどもあり、スタバのコーヒーも飲めます。

日本のクレジットカードで入れるラウンジとは、一味違うなと。

現地では、仲間と会いますが、それまでは、一人。

不安で、不安でしょうがないです。パソコンの前に向かえば、雑音が英語で聞こえるだけでほとんど、変わらないのですが、どこに行けばいいのか、どうすれば、飛行機に乗れるのかすら、不安です。

いきなり、びっくりしたのが、チケットを発見してもらってないにも関わらず、搭乗口のあるところまできてしまいました。

おかしいということで、搭乗口の中で、チケットを発券してもらいましたが。

さてさて、チリにたどり着けるでしょうか。

うん、眠い。まぁ、10時間うち、7時間ガッツリ、仕事してたし、そうなるよなと。

不思議で、日本時間では夜のはずなのに、こっちにきたら、午前中。

当たり前なのだけれども、不思議。

午前中だからこそ、寝ているわけにはいかない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする