親知らずを抜いたら、激痛が続いたお話

私の親知らずは、横に生えていて、普通の歯科ではやってくれないものでした。

親知らずは、生えてこない人もいます。また、若いときに抜いておいたほうが楽です。

必ずしも、抜く必要のないケースもあります。

ひとまず、その奮闘記を記録しておきます。

6月29日、親知らずを抜く
・唾液を飲み込むだけで激痛。
・ロキソニンを飲む

7月1日

・相変わらず唾液を飲み込んだだけで激痛

・ロキソニンを飲む

7月2日

・相変わらず唾液を飲み込んだだけで激痛

・ロキソニンを飲む

7月3日

・目が腫れ、救急病院へ。

・ロキソニンを飲む

7月4日

目の病院へ。親知らずとの因果関係は不明。ひとまず、すぐにおさまった。

このあたりから、唾液を飲み込んでも、痛さはなくなったが相変わらず痛い。

・ロキソニンを飲む

7月5日

・相変わらず痛い

・ロキソニンを飲む

7月6日

糸を抜く。痛さが軽減されると思ったら…。やっぱり痛い。

・ロキソニンを飲む

7月7日

・結局痛いので、近くの歯科へ。緩和してもらう。

・ロキソニンを飲む

7月8日

・結局痛いので、近くの歯科へ。

・ロキソニンを飲む

7月9日

大学病院へ。

・痛い日は続く。

・ロキソニンを飲む

7月10日

・ロキソニンを飲む

・奥歯の痛み(すでにない)は減ってきたのだけれども、隣の歯が痛い。あとは変に力が入っているのか頭痛。

・顎を緩めるストレッチを導入

7月11日

大学病院へ。

・痛みは隣の歯と力の力みによる顎の痛み、頭痛へ。

7月12日

・ロキソニンを毎日3回以上飲んでいたのを2回に

7月13日

・ロキソニンを毎日3回以上飲んでいたのを0回に

痛みは残っているものの、痛みがだいぶ減ってきたので、安心。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする