Mac book airのバッテリーを自力で交換するとお得なお話

Mac book airのバッテリーの充放電回数や状態を調べる方法

にも書いたのですが、2013年に買ったMac book airの電池がすぐになくなってしまいました。

どのバッテリーが必要かなどは、前回の記事を読んでいただけると幸いです。

パソコンは日々使うので、多少高くても、極力ストレスのない、パソコンを使いたいところです。

ただ、近年、パソコンの進化のスピードが落ちています。2013年に買った私のPCのメモリは8G(たしか付け足しました。)。ただ、最新のMac book airを見てもメモリは8G。

最新のものを買ったとしても、そこまで大きなスピードの変化は体感できなさそうなので、ひとまず、バッテリーだけ交換することにします。

写真だと、わかりづらいですが、外見はボロボロです。

さて、Macをあけていきます。

あけるときは、星型のドライバーが必要です。Macのバッテリーを買う時、ついてくる場合があるので、よくドライバーがついてるかどうか確認する必要があります。

あけるとこんなかんじです。

暗いところで写真をとったので、失敗しましたが、中はけっこう、埃など入ってました。

定期的に掃除するのがオススメです。

私の場合、時間がなかったので、ティッシュでふいて、それでおわりました。

あとは、非常に簡単でバッテリー交換なので、バッテリーを抜いて、新しいバッテリーをはめるだけ。

元に戻す時、ネジの種類が違う部分があるので、気をつけることと、ネジを無くさないことが大切です。

バッテリーを付けたら、普通につかえるようになりました。

意外と簡単です。

だいたい、Apple storeに頼む半額ぐらいでできました。何より、アップルストアに頼んだり、待たされたりなどの時間を考えると、これぐらいなら、自分でやってしまったほうがいいなと。

そして気になるかかった時間です、

人にもよりますが、20分もあればできます。速い人なら10分ぐらいでしょうか。

その他、買うときの注意点として、バッテリーが粗悪品のようなものを掴まされる可能性があります。

出来る限り、レビューのあるものを選ぶと、よいでしょう。

ということで、意外と自分でできちゃうものです。

何で、もっと早くバッテリーを変えなかったのだろうかと思うぐらい、バッテリーが持つと非常に快適なパソコンライフが過ごせています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする