Googleのデジタルワークショップに合格しました。

デジタルワークショップとはGoogleがオンラインで無料提供し、
・インターネットの活用し
・ビジネスのチャンスを広げ方

を学ぶ事ができます。

最後に試験があり、合格すると、認定証をダウンロードできます。

Webを活用し、ビジネスをしている人にとっては大変有用でした。

ただ、扱う幅が広いので、万人にオススメする試験ではないかなと。

また、この資格があるからといって、資格単体で、アピールすることは難しいでしょう。

実際に、ここで学んだ情報を使って、どうビジネスに活用していくのかが、重要だと感じました。

実際に運用している人は、やっている施策やこれからやっていこうとしている施策を学ぶぐらいでいいと思います。

Webのコンサルタントやマーケティングなどの方は、資格を取るというよりも、Googleがどういう思想なのかを、自分のやってきたことが間違いないか、再認識する意味でもいいと思いました。

試験内容
・ECサイト
・アクセス解析
・SEO
・動画
・ソーシャルメディア
・Web広告
・メールマガジン
など、89レッスンあり、全部受講すると、最終試験を受けることができます。

最終試験は89レッスンをちゃんと受講した人であれば、難しくありません。
選択式で70%以上が合格なので。

【受講方法】
1.動画視聴
2.1の動画を起こした、文章で確認
3.試験

これをひたすら、繰り返していきます。動画視聴に関しては、必須では、ありません。
動画を見ないで、文章を確認し、試験を受ければ、時間の短縮をすることもできます。

できる人で、1日〜2日(時間がずっと使えるという前提)、1から学ぶ人は1〜3ヶ月ぐらいが目安でしょうか。

私の場合、
2017年8月ぐらいに開始。

途中で飽きる&仕事やアタカマ砂漠の準備でめちゃくちゃになる。

やっていたことすら忘れる。

アタカマ砂漠マラソン完走後、ふと、受講して、途中でやめたことを思い出す。

10月に残りを電車通勤内など、空き時間で、コツコツやる。

という感じで、途中ドロップアウトしかけましたが、なんとか、取得することができました。

改めて、意識をしないと、

いつでも、勉強や試験を受講できる⇒一生やらない

という図式が成り立つなと。

このデジタルワークショップで非常にすごいのが、無料のサービスにも関わらず、一度、受講すると、リターゲティング広告(一度Webサイトに訪問した人に対して、広告を打つ仕組み)になっていました。

そのリターゲティング広告で、このデジタルワークショップが記載され、途中でドロップアウトしないような仕組みになっていました。

【実際の受講の感想】
私はWebを使って
・どう売上を上げるのか
・どうアクセスを上げるのか
・ソーシャルメディアをどう活用するのか
・どうWebの知識を教えたら、実践してもらえるか

などを、毎日考えているので、それを体系的に、どう教えたらいいのか、一つの道標になりました。

また、今まで知識の伝え方はGoogleの意向にちゃんと沿っていたことが確認できたので、とてもよかったと思っています。

私の教材に盛り込もうと思ったものも結構ありました。

上にも少し書きましたが、資格を取ること自体に、全く意味はないです。
目標をたて、仮説をたて、検証していく。そのための知識だと思っています。

webをビジネスで活用する人は、該当する分野だけを勉強すればいいと思います。
変なWebマーケティングの書籍を読むより、有用です。

Webビジネスの分野でIT部門の人は全部学んでも損はないと思います。