間違えるという苦痛をどう乗り越えるのか、楽しめるか

子どもにも、大人にも、最近Webに関する事を教える機会が増えている(大人と子どもで内容は異なる)。

共通している点として、「間違えるという苦痛をどう乗り越えるのか、楽しめるか」だと思っている。

もう少し書くと「仮説・検証思考」

受験勉強など、ある正解があって、いかに間違えないのかが最重要。間違えるのは悪。

ただ、社会人になってから、答えがないのだから、間違えるのは当たり前。
そこから、どう答えに近づけるか、工夫し続けるかが必要。

いきなり、答えをだそうしても、結局、うまくいかない。

プログラミングを実際に書くと、

  • 1行、試して、うまくいかない
  • 1行、試して、うまくいかない
  • ようやくうまくいった。…

この繰り返し。

これは、できる人でも、こうやって進んでいく。
要するにたくさん、間違えながら、進んでいく。

間違えながら進んでいく教科はあまりないので、このあたりの作業に耐えられるかどうかが一つ、キーになっていると思っている。

だから、文系、理系はこの時点で、プログラミングの得意、不得意は出ないと思っている。

当然、アルゴリズムやプログラミングを使った統計など学んでいくと、数学的な素養が必要になってくるので、理系有利になるけれども。

大人向けにはWeb戦略を教えているのだけど、考え方は全く一緒。

売上をあげる施策がA,B,C…Zがあり、同時にやることは不可能。
可能性の高いAをやって、だめならBをやって、Cがだめなら、D…。とやっていく。

最後まで、Zまで頑張る人もいれば、Aやって、ダメなら、撤退という人も多い。
ただ、これに答えはない。

ただ、失敗したくないから、よく考えて、Aすらやらない人もいる。

私は、この過程で私なら、こう考える、こういうツールを使う、施策をどう評価するのかを一緒にやっていくことで、Web戦略の仮説検証思考を身に着けてもらう。

そうすれば、私から離れても、自分たちでWeb施策をすることができる。一生の力を身につけることができる。

結論としては、

間違ってもいいから、行動しよう!!

ただ、それだけなのですけどね。なかなか伝えていくのが難しいなと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする