サハラ砂漠を完走したメダルがないことを驚かれる

先日、雑談していたとき、過去にサハラ砂漠を完走していますが、メダルを所有していない事に驚かれるときがあります。

尊敬している方の影響がかなり大きいです。

最近、実家の掃除をしていたので、サッカーやテニスを過去にしていた時、何個か賞状やカップがありましたが、それも捨てました。

過去は過去なので、全く後悔はありません。かれこれ、完走して、4年前になりますが、気づいた事があります。

過去の話よりも、今や未来の話をするほうが100倍楽しいということ。

サハラの時は○○だったね。という話はそれはそれで楽しいですが、
未来の次○○に出ようとかのほうが楽しいし、ワクワクします。

アタカマ砂漠を完走することは、今からみれば、未来のお話ですが、

それが終わってしまったら、過去になります。

アタカマ砂漠はあくまでも、通過点。
完走は最低限の目標。

できれば、山登りの箇所以外は、歩かないようにしたいと思っています。
だいたい、そうすれば、全体の1/3〜1/4ぐらいになると思います。

とはいえ、砂漠レース。アクシデント必死で、暑さと高地は自分の体は弱いことは実証済み。

厳しいと感じたら、すぐに、完走中心にレースを進めないといけません。

全て、初日のスタートで決まるなと。初日のスタート状態で、勝負していくのか、一歩引くのか考えながらいきたいと思います。

初日は様子見で入り、徐々に、順位をあげていくのが理想ですが。

まだまだ、力が足りないのは自覚しています。完走がメインとなるでしょう。

ただ、その先を見越して、トップランナーを見て、どれだけの差があるのか、それが、数年で、差を埋められるのかどうか、しっかりと見てこようと思っています。

これをフックに、UTMFやUTMB(いずれも山を160kmを走るレース)が次の目標になってきますし、練習すれば、フルもハーフもまだまだ速く走れると思っています。

そして、走るためには、お金を稼がないといけません。

幸いなことに、仕事も多数やらせていただいています。そして、理解のあるクライアントに恵まれて、本当に感謝しています。

こちらも、まだまだ成長させることができるし、クライアントに貢献できることがたくさんあります。

あとは妻と子どもとたくさんどこかに行きたいし…。やりたいことがたくさんあります(笑)!!

死なない程度に頑張ります。

アタカマ砂漠の準備をしながら、そんな事を考えていました。

改めて、先生には感謝をするとともに、サハラの時は物を持ちすぎていたなと反省。そこで、既に負けていたなと。

5kg背負うのか10kg背負うのか15kg背負うのか、当然、同じ走力だとしても、全然結果は変わってきます。今年は同じ失敗は繰り返さないようにしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする