ZOOMを使ってみんなで別々の作業をするだけで集中力が上がるのか、検証してみた。

今、先生相談室という青山華子さん主催で、セミナーを満席にしたい、企業研修を依頼されるような講師になりたいという方向けの会に入っています。

ちなみに会に入っているといっても、リアルで集まるのではなく、Facebookのグループを作って、そこで課題などだされたり、実際の相談に答えてもらったりなどで、ワイワイやらせていただいています。

その中のグループの中にさらに小さいグループがあります。

その中の一つに、Facebookからブログへアクセスを流す発信力研究というグループがあり、

それに所属させていただいています。

その中の一つのイベントとして、
出入り自由でオンライン上で「超集中タイム」をもうけて、その時間みんなで自分の仕事をするというZOOMイベントなるものがあり、それに参加してきました。

というよりも、参加しながら、この記事を書いています。

ちなみに、ZOOMとは何?という方もいると思います。
ZOOMはWeb会議システムの一つです。

1対1はもちろん、複数人でやっても、問題なく安定しています。

Web会議システムだと、よくSkypeが使われうケースがあります。
ただ、回線が安定しないなど、1対1ではあまり、問題ないのですが、それ以上でやると、イマイチな感じがしています。

そんなイライラもあり、今までSkypeを使っていた人でも、ZOOMを知って活用し始めた方はZOOMをほぼ利用しています。もう、戻れなくなったという話を聞きます。

さて、本題に戻ります。

オンライン上で「超集中タイム」をもうけて、その時間みんなで自分の仕事をするといZOOMイベントに参加してきました。

内容は
・ZOOMにつなぐ
・25分集中して仕事する←今ここ
・5分休憩する
・25分集中して仕事する
以上。

といった感じでやっています。

せっかくなので、この時間帯を使って、このブログを書いています。

結論から書くと、意外と、集中します。

せっかくの25分間☓2セットなので、何かしら、アウトプットを出さないといけないなという感覚になります。その時間を有意義に使うためにも、はじめから、25分で何をするのかを明確にすることが大切だなと。

会の主催が中村さんなのですが、もし25分では終わらない作業がある場合はどうすればいいのかという質問に対し、「25分に細切れにして仕事をすると良い」と言ってました。

最初に段取りをするのがいろいろと大変かもしれませんが、私もまわりの人を巻き込んで、やってもいいかなと感じました。

あとの25分は見積書を作成していました。

集中して、できたので、満足です。

皆様、本当にありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする