2拠点生活をして、努力ではなく、環境が全てと感じる

個人の意志とか努力とか、意外とちっぽけで、環境要因がかなり大きいと体感している今日この頃。

半年間、おためしナガノの経験が大きい。

普段成果上げている人も、環境が変わったら、すぐには成果を上げられない可能性もある。

その逆もしかり。

私の例だと、トレーニングがある。

長野では、一時期、トレーニングジムに通っていた。そうすると、毎日、何も考えず通っていた。ジムに通いはじめた理由はこちらから。

横浜に戻ると、そういうものがないので、つい、トレーニングは先延ばし。

そんな日が続いてから、まずいなと思って、走る感じ。

同じ意思力を持った一人の人間がトレーニング一つとっても、変わってしまうなんて。

もう少し書けば、長野では自然とできていたものが、横浜では、意志力を使わないといけなくなってしまった。

ただ、ここで気をつけないといけないのは、環境に文句を言っても何も変わらないということ。

もし、環境が悪いと感じるなら、その環境を良くするか、新しい場所を探す努力をしなければいけない。

新しい環境が厳しすぎて、ついていけないけれども、数年準備することによって、その環境に適応できるぐらいになっているかもしれない。

トレーニングもできないのであれば、他の人を誘うとか、チームに入って環境を変えるのが何だかんだで一番良いなと。

ビジネスもマラソンも環境を変えて、チャレンジするというのが一つのテーマになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする