起業する人のほとんどが失敗する理由と対処。

カフェにかぎらず、起業すると大体は失敗する。

カフェで起業する人がだいたい失敗する理由
より、下記引用

最近は「人生設計100年」と言われる。会社員の定年が60歳から65歳に伸びても、いつのまにか、ゴールが20年遠ざかった。年金も当てにできず、「悠々自適」は大半の人にとって無縁の世界だ。

早期「閉店」に追い込まれる共通項
開業して数年で廃業に追い込まれる理由を2つ挙げてみたい。
(1)「自分の城」の理想形にこだわりすぎる
(2)「収支計画」や「採算管理」が甘い

カフェの場合だと、家賃を払ったり、最初に改装工事などをすると、かなりの費用が初期のコストでかかってくる。

結局起業をすると、

・お金の収支
・集客や営業
・人を雇う

など、いろいろな技術が必要になってくる。

例えば、どんなに美味しいコーヒーをつくることができても、集客する技術がないと、そもそも飲んでもらうことすらできない。

私も、起業した身なので、痛いほどよくわかる。

そこで、重要なのは、失敗しても、問題ない環境を作ることだと思っている。

カフェ経営をしたいのであれば、1ヶ月だけ借りられるお店でお店を借りてみたり、お祭りなどに出店したりなど、いろいろな試し方はあると思う。

そこで、失敗や成功のノウハウを積んだ上で、カフェ経営に一本に絞っても遅くはないはずだ。

私はプログラミング思考を用いたWeb集客のお手伝いをしているが、多種多様な時代。教科書通りにやってもうまくいくことは少ない。

だからこそ、小さく試した上で、うまくいったものに関して投資する。

これが鉄板のやり方だと感じている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする