UTMF2018完走しました。準備や感想など

UTMFとはウルトラトレイル・マウントフジの略。

距離約170kmにもおよぶ富士山の山麓、登山道、歩道、林道などを走り歩きつなぐ。これまでに例のないアウトドアイベントを通して、挑戦することの大切さと、トレイルランニングの魅力を紹介します。また、360度どこから見ても美しい富士山の文化及び自然環境の素晴らしさを再発見し、国内外に伝えていく大会です。

制限時間はなんと、46時間。

UTMFより短い距離のSTY(静岡から山梨)もあります。こちらは92km。

そして、出場するにはまず、出場資格を得ないといけません。

UTMFに出場するにはポイントが必要で3レースで12ポイント必要です。

こちらを参考。ポイントがたまっても、抽選で外れるケースも多い人気の大会なので、2年後を目標にするのであれば、1年目で、ポイントを取り終え、ひとまず、エントリーできる体制を取っておくと良いでしょう。そこだけは運に左右されます。

また、60km前後の大会を3レース(4ポイントを取れる大会)で12ポイントを集めてもいいのですが、結局本番は168km走らないといけません。

だからこそ、その3つのうち最低1つは100kmぐらいレースにエントリーし、完走しておくと良いと思います。

私は、かなり無理をして、ポイントを集め

  • 5月、ひろしま恐羅漢トレイル in 安芸太田
  • 7月、The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉
  • 10月、アタカマ砂漠マラソン

で13ポイントとしました。あまり参考にならないかもしれませんが、トレイルだけでなく、砂漠マラソン(6日間250km)もポイントの対象になっているので、海外レースに出られている方は調べておくとよいでしょう。

コースはこんな感じです。

高低表

こちらより引用

いつもとは違うコースとなりました。

前夜祭に関しては下記をご参照ください。

UTMF2018に向けて、抱負や装備。選手の居場所を探すには

STYスタート前

STYのスタート前のスタート地点での写真。国内最大の大会なので、人が本当に多いです。

鏑木さんの話を聞けるとテンションが上がります。この大会にかける熱い思いを感じました。

知り合いが何人かいたので、パシャリ。

いよいよ、スタート

そして、スタート。ここから、長い旅がはじまります。写真は少なめです。

スタート直後から一気にかけ下ります。

最初、噂には聞いていたのですが、後ろからゆっくりといくと、ちょっと足場の悪いところだと、渋滞します。多少の走力があれば、比較的飛ばしてもいい区間だなと。あえて、ゆっくりと行き過ぎ、かなり後悔しました。

一番ピンチだったのは、実は最初の35km地点。

A1地点からA2地点までの距離が28kmと他のところより長かったのですが、深夜帯ということもあり、水1L持てば十分だと思っていたのですが、大間違い。

無計画で水を飲んでいたら、残り15km地点で水がなくなり、水がなくなると、食料も食べれなくなり、ふらふらの状態に。

ふらふらしていたからなのか、レース序盤なのか、わからないですが、そこで3回程転倒しました。

頭の中でリタイアがよぎったのですが、山の上でリタイアしても、結局自分自身で降りないといけないのと、A2で、応援者が待っていると思うと、何としてでも、たどり着かないといけないという勇気をもらいました。

ふらふらの状態で、応援者に会え、カップラーメン2つと、温かい飲み物をいただき、一気に復活。

その後は、楽しみながら、行くことができました。

ただ、エンデュランス系の競技は、ピンチが何度もくることは知っていたので、調子にのらずに、どこかで絶対にピンチがくるので、

いつくるかなぁ?と思いながら、走ってました。

意外と100kmも超え(まだ、70km近くあるので、あっ超えたんだ程度の喜び)、このまま何も起こらない事を祈ってました。

次のピンチはA7地点の128km以降。

2日目の夜はさすがに、眠くて、眠くて、幻覚が見えました。座りながら少し寝ても、カフェインを入れても何も効きません。

ちょっとした、枝と枝がトンネルに見えたり、人に見えたり、建物に見えたり。

さすがに休もうと思っても、ちょうど山の中だと、0度ぐらいだったと思うので、数分体を動かさないと低体温になってしまい、危険を感じ、動き続けました。

自分一人での走行は厳しいので、ペースが合いそうな人を見つけ、その人が動いている通り、あとは、山を降りる感覚だけを信じ、動いてました。

正直、あまりまわりが見えてません。あと、脳が死んでいたので、今までは1時間に1度は必ず補給していたのですが、食料もほぼ取ってませんでした。

そんな状態でしたが、日の出ぐらいの時間だったので、復活。

太陽は偉大だなと。人を元気にしてくれます。

このピンチを乗り越え、A9に着いたときには、完全復活。完走を確信し、最後は43時間程でゴール。

そして、レースの裏側では、1歳2ヶ月の子どもが水疱状の発疹出てしまい、慌てて急遽病院へ。妻も子どもも頑張っていました。

妻と子の支援があって、大会に出られているので、本当に感謝です。

過去にマラソンのボランティアをやっていたこともあり、この大会、準備する側もボランティアの方も本当に大変だったと思いますが、本当にありがとうございました。

素晴らしい大会でした。

一つ要望があるとすれば、国際大会になっているので、ゼッケンに国名を書いてほしいなと。

日本語で話せばいいのか、英語で話せばいいのかなど、よりわかりやすくなるので。

よく聞かれるQ&Aです。完走だけを目指す人向けです。

Q.完走するために何が必要ですか?

A.体力と準備かなと。特に長いレースでかつ、遅い人にとってはエイドでの補給があまりよくないレースなので、ある程度、この地点でこれを食べる、など決めて準備しておくとよいと思います。

私は1時間に1度100cal以上は摂取できるように、準備しました。

あとはサポーターがいると安心です。カップラーメンや寝所を支給することもできます。また、ドロップバック以外で、何かしら支給することもできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする